ヘッダー

H27.3.14

2015年3月14日(土) 小田原市と合同で第8回災害支援訓練を行いました。
小田原市で震度7の地震が発生し広域避難所が開設されたという想定のもと、環境部からの応援要請に基づき、広域避難所となる市内5校の小学校への派遣訓練を行いました。組合員及び賛助会員14社14台が参加しました。
市が広域避難所に備蓄している組立式仮設トイレは排水管に液化分を放流する方式です。
当組合では避難所の運営組織となる自治会組織に、避難所の快適なトイレ環境を整備するため、収集作業、生活面を考慮した適切な設置箇所を提案することを目的に実地調査を実施した。
また、避難所には市の配備職員が配置されることになっています。実際の災害収集については配備職員の指示に従うことが想定されるため、今回は現地で仮設トイレ設置の指示を受ける訓練を行いました。

全景 開会式 市から指令 第1班 第2班ミーティング トイレ運搬車 出動 豊川小学校 報徳小学校1 報徳小学校2 報告1 ベンクイック 環境部長あいさつ 理事長講評

小冊子

掲載紙面

ポスト広告,タウンニュース

他の災害支援訓練記事

<<第7回(H26.10.18)第9回(H27.10.24)>>